JAこうか

MENU

農のこと

穂肥の施用について

 小麦の収量は穂数をいかに多くするかで決まります。2月中旬から3月上旬にかけての幼穂形成期に行う穂肥の施用は1穂当たりの粒数を確保するのに最も高い効果が得られます。

穂肥施用量の目安

 

  基本型の施肥設計では『№19抑えきいろ』を10a当たり15㎏を目安に、省力型施肥では『麦笑』を10a当たり50㎏を目安に、それぞれ生育状況に応じて3月上旬に施用してください。元肥一発施肥『麦パンチ』の場合は穂肥の必要はありません。なお、施用時期が遅れると倒伏の恐れがありますので注意してください。

mugi

  • JAで新たに給与受取口座を指定すれば松下奈緒さんのQUOカード5,000円分プレゼント!
農のすすめ

ソーシャルメディア利用規約

甲賀のゆめ丸 甲賀のゆめ丸