JAこうか

MENU

農のこと

茶園管理~秋整枝について~

秋整枝

 秋整枝は春整枝に比べ、萌芽が早く揃いやすく、芽数型になるなどの特徴があります。

 整枝時期は、平均気温が16~18℃になった頃に実施します。整枝時期が早いと再萌芽し、遅すぎると翌年の一番茶の生育が遅れたり、台葉が冬季の障害を受けやすくなるので注意してください。また、例年冬季の寒害や凍霜害を受けやすい場所、防霜ファンを設置していない場所では秋整枝は行わず、春整枝を実施しましょう。

 秋整枝を行う位置は、二番茶摘採後整枝面から4~6㎝程度上とし、秋芽の生育状況に応じて高さを上下させてください。秋芽の芽数が多い茶園や生育の劣る茶園ではやや浅めの整枝を行い、芽数が少なく生育のよい茶園ではやや深めに整枝しましょう。秋整枝は、翌年の一番茶に影響する重要な作業ですので、丁寧に行いましょう。

 

病害虫防除

 秋芽の生育・充実が阻害されないよう、計画的に防除を行いましょう。なお、秋番茶を摘採製造する場合は、薬剤の選択と使用基準について十分留意してください。

ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。

農のすすめ

ソーシャルメディア利用規約

甲賀のゆめ丸 甲賀のゆめ丸