JAこうか

MENU

農のこと

9月の水稲管理

 実りの秋を迎える9月の重要なポイントは、収穫適期の見定めと収穫前後の管理です。

収穫適期の判断

 青籾の割合が10~15%になったときが、収穫適期となります。刈り遅れは品質低下につながりますので、収穫作業の準備を前もって済ませておきましょう。近年、高温が続く年は出穂のばらつきが大きくなる傾向がありますので、ほ場に入って収穫適期をしっかり判断しましょう。

収穫前の準備

 収穫作業に際し、使用する農業機械の点検・整備は徹底して行ってください。点検・整備を怠おこたると、作業中のトラブルの原因となります。出穂後の気温が高い年は登熟日数が短くなる傾向にあるので、早生品種(「みずかがみ」など)・中生品種(「秋の詩」など)でも出穂後30日を過ぎたら収穫できるように準備を行いましょう。

 また、コンタミ防止のため、収穫するほ場の内外にある雑草は取り除いてから収穫作業に入ってください。特に、クサネムなど実をつけるものは玄米に混入しやすいため、確実に取り除きましょう。

乾燥・調製作業

 籾の水分が多いときは、乾燥温度を下げるか通風のみで急激な乾燥を控え、乾燥ムラや胴割れ米の防止に努めてください。肌ずれ米が発生しないよう籾すり前には冷却を実施し、籾の混入や選別不良がないように調節を行ってください。また、過乾燥は食味が低下しますので、玄米適正水分14.5~15.0%に仕上げてください。

収穫作業後のほ場管理

 収穫作業後のほ場に刈り株やワラが長期間残っていると、次年度に影響を与える病害虫の越冬場所になることがあります。また獣害対策として、刈り株から生えてくるヒコバエはサルやシカなどの恰好の餌え さとなり、餌場としてほ場に入り込む習慣がついてしまいますので、鋤す き込みは早めに行ってください。

 「収穫作業が終わったら、次の作付の始まり」です。天候が良い頃に、土づくり資材の活用やほ場の整備(畦や水路の整備と補修など)の準備を始めましょう。

ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。

農のすすめ

ソーシャルメディア利用規約

甲賀のゆめ丸 甲賀のゆめ丸