JAこうか

MENU

農のこと

【営農情報】8月の水稲管理について

 8月の管理で重要なのは、病害虫防除と水管理です。稲が穂や籾をつける時期で、本田での仕上げの段階に入ってきますので、適切な栽培管理を行い収量の確保と品質の向上を目指しましょう。

水管理

 稲は品種ごとに違いはありますが、多くの品種が8月中に出穂期を迎えます。出穂期の前後3週間はカドミウムの吸収抑制や収量の確保、品質の向上のため、常時湛水をしてください。

(米のカドミウム残留が0.4ppmを超えると、販売が禁止されます)

 近年、登熟期に高温となることが多く、水分不足によって未熟粒の発生や籾の充実不足が多発する傾向にあります。高温が予想される場合は特に注意が必要です。

 落水の目標はほ場の土質にもよりますが、収穫の5日前からにしてください。また、出穂期以降の早期落水は、登熟不良となり収量や品質、食味の低下を招きますので、収穫作業に支障がない時期まで落水は遅らせてください。

※ 前半の穂ばらみ期から出穂期にかけては、稲が最も水を必要とするため、水不足に注意してください。

病害虫防除

穂いもち

 無人ヘリ防除など集落単位で実施する水稲共同防除では殺菌剤は使用されません。穂いもちの常発地では、次の薬剤を使用し、個人で防除を実施してください。

  • 穂いもち防除薬剤
薬剤 10a当たりの使用量 使用時期

使用回数

コラトップ

粒剤5

3~4㎏

出穂30日前~5日前まで

(葉いもち初発10日前

        ~初発前)

2回以内

フジワン

粒剤

3~5㎏

出穂30日真え~10日前まで

(葉いもち初発10日前

         ~7日前)

2回以内

 

※ ほ場周辺でほかの作物が栽培されている場合、周辺作物への飛散が少ない粒剤の使用などの対策が必要です。また、液剤・粉剤の使用時は、風のないときを選び、周辺への飛散がないよう噴頭を下に向け、散布圧を過度に強くしないなど注意して行ってください。

※ 特別栽培米のほ場は、前述の防除ができません。万一、いもち病の発生が確認される場合は、各地区の営農経済センターへご相談ください。

斑点米カメムシ

 近年、JAこうか管内の米は、日本晴などの中生品種を中心にカメムシによる斑点米が発生し、品質が大きく低下しています。薬剤防除と畦畔の雑草管理とを組み合わせることにより防除効果を高めましょう。出穂期の2~3週間前と出穂期頃の草刈りが効果的で、薬剤の防除前日に行うとなお効果的です。また、薬剤散布の適期は、出穂期から10日後となりますので注意してください。

  • 斑点米カメムシの防除薬剤
薬剤 10a当たりの使用量 使用時期

使用回数

スタークル

粒剤

3㎏

 

 

出穂10日後頃

※ただし、収穫7日前までに散布

 

3回以内

※特別栽培米の場合は1回

スタークル

粒剤DL

スタークル

顆粒水溶剤

薬剤50gを100lの水に薄めて散布

(2,000倍)

スタークル

液剤10

薬剤100mlを100lの水に薄めて散布

(1,000倍)

 

ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。

農のすすめ

ソーシャルメディア利用規約

甲賀のゆめ丸 甲賀のゆめ丸