JAこうか

MENU

食とくらしのこと

オクラ

ネバネバパワーで夏バテ対策!

 

 オクラといえば、独特のネバネバが特徴の夏野菜です。ネバネバの正体は、食物繊維のペクチンと、糖とタンパク質が結び付いたムチンという成分です。ペクチンにはコレステロールや血糖値を下げる働きや整腸作用があり、ムチンには胃の粘膜を保護する働きやタンパク質の消化を促進する作用があります。これらの栄養素が、暑さで弱ってしまった消火器の働きを助け、夏バテを予防します。また、カルシウムや抗酸化作用があり老化防止に役立つカロテンなども多く含まれています。

 選ぶときは、緑が濃く張りがあって、黒ずんでいないものを選びましょう。乾燥と低温に弱いため、保存はポリ袋に入れて野菜室へ。さっと湯がいて小口切りにしたものを冷凍しておいても便利です。

オクラ 産毛が気になる場合は、まな板の上にオクラをのせて塩をまぶし、手のひらで軽く転がすと、表面が滑らかになります。生のままでも食べられますが、和え物などに使うときはかたいので、さっと湯がくと食べやすくなります。オクラのネバネバは熱に強く、炒め物や揚げ物、煮物にも適しています。また切り口が星形になっているので、料理の彩りとして使うとかわいらしく仕上がります。

農のすすめ
栽培情報や旬のレシピ、
直売所情報など
盛りだくさん♪

ソーシャルメディア利用規約

甲賀のゆめ丸 甲賀のゆめ丸